L字デスクのメリットとおすすめ机まとめ

7年ほど自宅で仕事(デスクワーク)をしています。テレワークを始める友人から、作業環境について質問されることが増えてきました。

なかでも最初に聞かれるのは、PCデスク(とオフィスチェア)。「パソコンは持っている。快適に仕事できる環境を整えたい…」というケースがほとんどのようです。

僕(なごやっくす)の作業環境

机の上のレイアウト。スッキリさせたい派です

僕の相棒は、IKEAのL字型デスク(とオカムラの椅子)。ということで、この記事に…

  • L字デスクのメリット(デメリットも)
  • おすすめアイテム(愛用机+α)

をまとめておきます。Webライターの方や、ブロガー様にも参考にしてもらえれば嬉しいですね。まずはメリットから参ります。

L字デスクのメリット

おすすめL字デスク(IKEAベカント)とレイアウト

ご覧のとおり部屋の隅に配置しています

L字デスクのメリット

  1. スペースを有効活用できる
  2. 作業効率がアップする

僕が感じているメリットはおもに上の2つ。L字デスクと同等の広さを、通常の机で確保しようとすると、相当な長さになるはず。

L字デスクなら、例えば一人暮らしで6畳の部屋に住んでいる場合でも、手軽に書斎スペースを作れるのではないでしょうか。

L字デスクのメリット(集中力アップ)

またL字の一方にパソコン、反対側に書類やノートを置けるので、作業が効率化されます。モニターを見ているとき、書類が目に入らないので、集中力が奪われません。

ぼく(なごやっくす)ぼく(なごやっくす)

「囲まれている感」があるのも、気が散らない理由の1つかな。さらに、L字のフォルムがおしゃれというのも見逃せません。ちょっとした秘密基地気分も味わえます(←僕だけ?)


【補足】デメリットは?

IKEAのL字デスク(ベカント)組み立て前

組み立てる前のL字デスク

L字デスクのデメリット

  1. 基本的に組み立てがマスト
  2. 引っ越し時に解体が必要

仕事中にとくに不便を感じることはありませんが、L字デスクのデメリットを挙げるなら上の2つでしょうか。

購入するにあたり、10商品ほどリサーチしましたが、そのほとんどが組み立て式でした。また、完成サイズだとドアを通れないので、引越しなどの移動時には解体する必要がありそうです。

ぼく(なごやっくす)ぼく(なごやっくす)

とはいえ、普段DIYなどしない僕でも、手順(作り方)を見ながら進めれば、大きな問題もなく組み立てられましたよ

さて、記事の後半では、おすすめのL字デスクを3つ順番に紹介しますね。

おすすめのL字デスク

1.IKEA BEKANT(ベカント) コーナーデスク

おすすめのL字デスク(IKEAベカント)

黒(アッシュ材)のほかに、白・ナチュラル(オーク材)・青(リノリウム)もあります

まずは、僕が使っている北欧IKEA(イケア)のベカントコーナーデスク。気に入っている点は以下の3つです。

  • 品質◎(10年保証)
  • 高級感◎(トップにアッシュ材を使用)
  • おしゃれ(角が丸みを帯びている)

アッシュ材は家具の高級素材としてよく使われているそう。仕事中のふとした瞬間に、高級感&優しさに包まれているのを感じます。

BEKANTベカント コーナーデスク電動昇降式(IKEA)

角(カド)が丸みを帯びているのも好きです。赤丸で囲った部分にカラダを入れて作業しております。フィット感がたまりません。

僕は立って仕事をすることも多いので「電動昇降式(9万円)」の机を購入。手動昇降式は7万円、通常のL字デスクなら3万円で買えますよ。


ぼく(なごやっくす)ぼく(なごやっくす)

引き続き、実際に購入を検討した中から、友人にも提案できそうなおすすめL字デスクを、2つ挙げていきます


ニトリ システムデスク(ラボーロ 140)

2つ目はニトリのシステムデスク。購入された方のツイートを、以下にシェアさせていただきます。

落ち着いた色合いでオシャレ。ワゴン(引き出し収納)が付いているのもイイですね。そして、ニトリブランドの安心感。僕もニトリには常日頃からお世話になっています。

あえて難点をあげるなら、机の中央に段差があるところでしょうか。とはいえ、このあたりは好みの問題かと。値段は3万円です。


ぼく(なごやっくす)ぼく(なごやっくす)

もっと安いアイテムも比較検討しておきたい人も多いはず。3つ目は通販(楽天市場・Amazon・ヤフー)で買える、1万3千円のL字デスクを紹介します

LOWYA(ロウヤ) 木製L字型デスク

3つ目はLOWYA(ロウヤ)の木製L字デスク。耐荷重15kgに若干の不安を感じますが(IKEAは最大荷重70kg)、この見た目・サイズで1万3千円は魅力的。

楽天市場のレビューを見ても、以下のとおり評価は上々です(数値は記事執筆時点)。

  • レビュー件数:613件
  • 総合評価:★ 4.32

限られた予算で購入を検討しているなら、確実に選択肢に入ってくるアイテムですね。詳細は章冒頭のリンクからご確認ください。

ぼく(なごやっくす)ぼく(なごやっくす)

最後に、L字デスクの選び方(選ぶ際の基準)について補足して記事を締めます


【補足】L字デスクの選び方

L字デスクのおすすめの選び方(支柱)

L字デスクの選び方【大前提だった】

  1. L字部分の手前に、支柱がないモノを選ぶ
  2. 奥行き50cm以上は欲しい(できれば60cm)

僕がL字デスクを購入するにあたり、譲れなかった条件が上の2つ。

机の下手前に支柱があると、椅子に座ったままの方向転換がスムーズにできず、L字デスクの長所が大きく損なわれてしまいます。

BEKANTベカント コーナーデスク電動昇降式(IKEA)

また、資料を広げて仕事する場面も出てきますので、机の奥行きは最低でも50cmは確保したいところです(できれば60cm)。

ぼく(なごやっくす)ぼく(なごやっくす)

今回紹介した3アイテムはおおよそ条件を満たしています。ニトリのサブデスクのみ奥行き42cmです



IKEAのL字デスクの使用歴は2年弱。「L字デスクがあって当たり前」の感覚が染みついていましたが、こうして記事にまとめると、導入して良かったなぁと改めて感じています。

オカムラのコーラル(Choral)

オカムラのコーラル(中央左)。L字デスク同様、欠かせないアイテムです

オフィスチェアをはじめ、僕のデスクワークの作業環境は、以下の記事にまとめてあります。合わせてご覧ください。